(短編)今日もまた、呟いた



 

 

あけましておめでとうございます! 今年も宜しくお願い致します!

あっという間に年末年始の休暇も終わりそうで、休み明けに仕事が一気にドンッとくることを想像してゾッとしてます……。オソロシイ。

そして今年はブログの更新頻度をもう少し高くすることを目標にしたい、と思ってはいる

 

f:id:slowlife0x7:20180110234642j:image

 

さて、今日は短編です。

毎週、短編あげられればいいなっていうのが理想だったり。頑張ります。

 

 

今日もまた、呟いた

 社会人になれば、自由な時間が減る。長期休暇なんてものはないし、勤務時間内にいちいち休み時間なんか設定されていない。

 だけど、その分自由に使えるお金が手に入ると思っていた。

 大好きなアイドルに貢ぐお金、生活費、食費、その他娯楽費。ほとんどを仕送りに頼り、ほんの少しをアルバイト代でまかなう日々。

「お金がなーーいっ!」

 社会人になりたくないと思う反面で、早く社会人になりたいとも思っていたような気がする。

 

 

「あっ、ライブ!? って平日じゃんかっ!」

 公式から発表されたライブ日程は学生にとっても休暇ではない、本当にただの平日だった。

 遠征を控えるようにして都内のライブのみにしぼった。それというのも、社会人になって現金での仕送りがストップした為に、生きていくうえでかかる費用をすべて自分のお給料でやりくりせねばならなくなったから。毎度の遠征にかかる費用がばかにならない、無理。

「都内なのに、平日って……しかもこの日付は無理無理無理」

 仕事のメインは事務だった。作業の多くは日付指定や曜日指定のもの。しかも二人体制なので、有給は使えてもどこで使うかはだいぶ限定される。

 ライブの開催日は、どうしてもずらせない日付指定の仕事とかぶっている。

「あーあ、これは見送りかなぁ……」

 スマホを片手に、がっくりと肩を落とす。

 グッズさえ買わなければ、チケットくらいはなんとかなる程度の稼ぎしかなくて。学生の休みに合わせて平日ライブだと、休暇調整が大変で。

「お金ないなぁ……」

 学生の頃と変わらないその言葉を、私は今日も呟いた。